ダイレクトでシーバス!その3 推定65センチの引きに親指ドラグで対抗するのは結構ハードだった

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ダイレクトリールの魅力は凄い!そしてもっと追求したる!

いやあ、またまた前回ブログを更新してから恐ろしい程に時間がたってしまった。まあ、今回は間にデンマーク旅行(7泊8日)があり、帰国後は当然のように超激務になってしまったのである種しょうがないとはいえる。

9月20日〜28日までデンマーク(1日だけスウエーデンにも)に行ってきたのだった。凄く面白く、そっちのブログも書きたかったのだが、時間がなさすぎて断念。そして記憶はドンドン失われていく……泣。

9月20日〜28日までデンマーク(1日だけスウエーデンにも)に行ってきたのだった。凄く面白く、そっちのブログも書きたかったのだが、時間がなさすぎて断念。そして記憶はドンドン失われていく……泣。

ひとまず、なんとなく前回からの釣り状況を端折りまくりながら紹介!ポイントもいつも通りの荒川。それにしても、同じ釣り場に延々と通っても飽きなくなったのは向上したのか退化したのか、まったくわからない。

9月3日 セイゴちゃん×3

いろんなルアーを投げてみたが、全く反応はなく、しょうがないなと、時折セイゴのたまっているドシャローのポイントに。ここはリップレスサミング(サムルアーズ)が抜群に効く、というかこれでしか釣れない。ゴロタとリップレスサミングの相性がいいのか?

20センチぴったりぐらい?

20センチぴったりぐらい?

こっちは30センチちょいぐらい。ちょっとは親指ドラグも駆使したよw

こっちは30センチちょいぐらい。ちょっとは親指ドラグも駆使したよw

9月5日 セイゴちゃん×1、しかし…!?

この日は超短時間モードだったので、ドシャローのポイントのみ。そして釣果としてはセイゴちゃん×1。ルアーは相変わらずリップレスサミング。しかし、なんて釣れるルアーなんだろう!

またまた20センチぐらい。そしてお気づきでしょうが、どの魚もベリーのフックにかかってるんだよなあ。

またまた20センチぐらい。そしてお気づきでしょうが、どの魚もベリーのフックにかかってるんだよなあ。

で、実はこれだけでなく、推定65ぐらいのいいサイズもかかったのですよ。「いよいよ来たか!」とこの日のためにイメージトレーニングをしてきた親指ドラグを駆使しまくった。

最初はいい感じで引きに合わせてラインを出し、巻いて、とやりとり出来たのだが、近づいて来てからの大ジャンプで、ラインが引っ張られすぎて、親指がスプールと上部のバーの間に挟まってしまい、突き指どころかリールにロックされてしまったのですよ。

そのせいかバラしてしまい、親指も数秒間はリールから抜けず、やべえやべえ状態。そうなのか、この間に挟まることあるのか…と新たに経験値をアップ。これを防ぐには、親指ドラグ時は、親指の先端はバーに預けて、指の腹でスプールを押さえるしかないのかもしれない。

9月9日 超久々にバス釣り!しかし…

激久々にコンソメくんとフローターに。しかし、サイズこそ小さめながらも以前は爆釣だった池が完璧に無反応。いつも近場でしか釣りしないせいもあり、遠方まで来てボウズなのは本当に凹む。なんとか次回以降に期待できるポイントを探せたのが唯一の成果か。

この朝の感じ…釣れないわけないだろ!って感じだったのだが。

この朝の感じ…釣れないわけないだろ!って感じだったのだが。

このあたりのルアー使って無反応とは泣けてくるよ。

このあたりのルアー使って無反応とは泣けてくるよ。

9月14日 セイゴちゃん×1

オークションで入手したコトカスミディアムプロップ(サムルアーズ)を投げまくったが、来たのはこのミニマムサイズのセイゴちゃんオンリーでした。このルアー、動きは絶対釣れそうなんだが、真っ白にしたのがダメだったのかもなあ…たぶん違うけどね

はいはい!20センチ…いや18センチぐらいだったかな。

はいはい!20センチ…いや18センチぐらいだったかな。

まとめ SWEET STICK(マツモトーイ)は、リボルバーといい感じに合うよ!

と、ここまで書いておきながら、一切ロッドには触れなかったのだが、いやあ、素晴らしいロッドを入手してしまったのですよ。マツモトーイ(道楽)のSWEET STICK。グラスで6.6フィートぐらいかな。

近所のマニアック釣具店「グランパ」で購入したのだが(9,000円)、バットの太さとはやや対象的にそこそこ柔らかく、ティップがすぐ入るのでバラシにくく、ダイレクトリールを使っても衝撃がフルにはこない感じでかなり好印象。そのソフトさのせいで軽めのルアーも投げられるので、しばらくリボルバーを使うときはこのロッドを使うことになりそう。

なんてイカした組み合わせなのだろう!と思わず笑みが漏れてしまうようなナイスタックル。ロッドの根本のブラウンとリボルバーのブラウンもコーディネートしたかのような調和を見せているじゃないか! しばらくはダイレクト・シーバスを追求していきたいね。

なんてイカした組み合わせなのだろう!と思わず笑みが漏れてしまうようなナイスタックル。ロッドの根本のブラウンとリボルバーのブラウンもコーディネートしたかのような調和を偶然にも見せているじゃないか!(いや思いっきりそこを意識して購入しました)。 しばらくはダイレクト・シーバスを追求していきたいね。

Tackle

– ROD:MATSUMOTOY SWEET STICK+FUJI GRIP
– REEL:BP bait Revolver 514DX
– LINE:POPEYE COVER GAME PE 50LB
– LEADER:Daiwa morethan SHOCK LEADER TYPE:N 25lb
– LURE:LIPLESS SUMMING、COTOKAS MEDIUM PROP

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする