千葉某所の小バス・ワンダーランドで フジグリップをシェイクダウン!

小バスにはオーバーパワーなグリップだが
しょうがないじゃん!〜

00

あまり大きな声では言えないが、実はバスを釣ったのは今年初だったりもしているのだった花畑運河も数回行ったが例によってバイトのかけらもないもんで(泣)。

そして今回は、買ってからしばらく寝かしてしたフジグリップをついに使用! グリップだけでも結構重いのだが、しかししかし、このカッコ良ささえあれば多少の重さは全然耐えられるのである!

元々は2月に買ったこのグリップ、買ってからしばらくはどのロッドをこのグリップに挿そうか悩んでいたが、結局新たなロッドを購入する予算もないので(グリップだけで18,000円したからねえ……)、手持ちの竿で使用頻度の少ないアングラーズリパブリックのFlame FDGC-663をNAコネット用に改造してもらうことにした。まあ、ここでも7,000円費用がかかってるという……助けてくれや!って感じだよホント。

フジグリップを買ってしまい、労働意欲が激減中!まずいなあ。 #fujigrip

A post shared by Toshiei Uchiyama (@caspowser) on

↑セミダブルにしても、中間が3コマ分ある、結構長めの部類に入るグリップ。

元々はこういう状態だった、Flame。そもそもこのグリップはイマイチだった。

元々はこういう状態だった、Flame。そもそもこのグリップはイマイチだった。

このように! NAコネット化!グリップの購入とNAコネット用への改造などはすべて近所のマニアック釣具店グランパにお願いした。

このように! NAコネット化!グリップの購入とNAコネット用への改造などはすべて近所のマニアック釣具店グランパにお願いした。

このように! アンバサダー5001cの赤と微妙に色が違うのが悲しい。

このように! アンバサダー5501cの赤と微妙に色が違うのが悲しい。

このように! くどくてすいません。

このように! くどくてすいません。

場所は明かせませんが、小バスランドは健在!
しかしなんで皆同じ大きさなんだろう?

朝イチではなく、夕方狙いで千葉某所に向かい、おもむろにトップを投げる。……が、やはりトップにはバイトなし。小バスしかいない場所ではあるが、活性は基本高いのでトップにも出るかと思っていたが、甘かったようだ。目にもとまらぬ速さで即刻ワームにチェンジ!

やっぱりワームなら安定の釣果! サイズはホントに小さいがPEラインならワームをくわえて持って行こうとする小バスの動きが手にとるようにわかる。計10本ほど小バスをゲット!全部がほぼ同じ大きさというのも凄い。

コボケワームならば即刻豆バスがヒットしてくる。

コボケワームならば即刻豆バスがヒットしてくる。

ホントに小さいなあ…。

ホントに小さいなあ…。

いつも釣り場情報を仕入れてくれるコンソメ君と今回も行ったのであった。これはゲーリーシュリンプかな。

いつも釣り場情報を仕入れてくれるコンソメ君と今回も行ったのであった。これはゲーリーシュリンプかな。

ワームをサイズアップしてエスケープリトルツインにしても食ってくるバスのサイズは一緒!

ワームをサイズアップしてエスケープリトルツインにしても食ってくるバスのサイズは一緒!

やっぱりグリップ自体が結構長いので
ロッドは7フィート以上にしたい!

Flame+フジグリップのインプレッションとしては、グリップの長さの割に竿のブランクが短い(たぶん、7.2フィートとかあればバランス的にちょうどいい気がする)のがちょっと操作性の点でイマイチ。あと、元々感度はイマイチかなと思っていたロッドだったが、グリップ越しに感度が悪くなった印象はなかった。

そして、重さは……もちろん重い。重いのだが、我々は漁師なわけでなく、単なる物好きな釣り人なので、はっきり言って問題でもなんでもないのであった。「軽い!」と言ってもいいぐらい!w

ただやはり長さのバランスは致命的なので、将来的には、フェンウィックのクランクシャフトの7フィートとか、シマノ・ゾディアスの176MH-G、もしくはモアザン・シューティングシャフトのMT76MBX(これはシーバス用)あたりを買ってNAコネット化したいところ(要はグラスロッドを使いたい、ということだね)。

このように! やっぱりロッドのバットはもう少し太い方がワイルド感が出ていいよなあ。やっぱりグラスロッドを買わねば。

このように! やっぱりロッドのバットはもう少し太い方がワイルド感が出ていいよなあ。やっぱりグラスロッドを買わねば。

ROD:PALMS EDGE FDGC-663
GRIP:FUJI GRIP セミダブル仕様
REEL:Abu Ambassador 2601c IAR with Avail Microcast Spool
LINE:Rapala RAPINOVA-X 22.2lb
LEADER:Berkley VANISH ULTRA 16Lb
LURE:Tsunekichi co-Boke Worm、Nories Escape Little Twin

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする