新潟釣行 DAY=2 ちょいと反省し、コンセプト変更のおかげか2尾ゲット!

酷使していたパンサーの針先はやや鈍っていた。昨日のダメだった理由はそのせいか?

01

昨日の鹿ノ俣川では、散々チェイスがありながらも食わせきれない状態が連発したが、これは愛用のパンサーに問題があるのでは?と思い、フックを分析してみた。他のルアーに比べると、かすかに鈍っているようにも感じられはするが、かなり僅かな違いでしかない。

フックシャープナーも持って来ていないので、家にあったよくわからない目の粗いヤスリで研ぐ?とも思ったが、今こそ違うルアーを使うべきだと判断し、ややサイズアップしたシンキングミノー路線に変更。昨日も最初はシンキングミノーを使っていたのだが、チェイス量は圧倒的にパンサーが優位だったのでその後はパンサーに固定していた。

渓流=パンサー最強と思っていたので酷使しすぎていたのかも。本当に3gパンサーの釣れっぷりは素晴らしいのでオススメ!(あまり売ってないけど)

渓流=パンサー最強と思っていたので酷使しすぎていたのかも。本当に3gパンサーの釣れっぷりは素晴らしいのでオススメ!(あまり売ってないけど)

昨日より朝早く出発したせいもあり、少し進むとすぐに豆サイズのヤマメがヒット! 魚体に比べてルアーがだいぶ大きく見えるネ!

ルアーはDコンタクト。いつもDコンパクトでは釣っていたが、コンタクトの方は初めて。大きさはわずかしか違わないが、泳ぎはなんとなく違う気が。

ルアーはDコンタクト。いつもDコンパクトでは釣っていたが、コンタクトの方は初めて。大きさはわずかしか違わないが、泳ぎはなんとなく違う気が。

昨日より、よりキャスト精度を上げ、さらなる小ポイントにも投げていくと、そこそこに反応あり。2度ほどバレたが1尾、豆サイズとはいえ釣れているという安心感ゆえか気持ちに余裕あり(安直だな〜!)

結構随所に細かいオーバーハングがあり、浅いながらも楽しい場所だ。

結構随所に細かいオーバーハングがあり、浅いながらも楽しい場所だ。

ホントに人が入ってる気配がなく、ほとんどジャングル! 熊にでも出られたらまあ終わりだね!

ホントに人が入ってる気配がなく、ほとんどジャングル! 熊にでも出られたらまあ終わりだね!

終了間際のポイントで、ちょいとだけサイズアップ達成!22センチぐらいな印象。ネットに入れるとついつい長時間眺めてしまう。ヤマメはなんて可愛いんだろう!

これもDコンタクトにて。まあ、この川ではこれぐらいがアベレージな感じ(尺超えらしきサイズも1回だけ見えたが!)

これもDコンタクトにて。まあ、この川ではこれぐらいがアベレージな感じ(尺超えらしきサイズも1回だけ見えたが!)

今回も母に頼んで軽トラを手配してもらった。このパターンで年に1〜2回しかマニュアル車を運転しないのだが、ギリギリ感覚を忘れずに運転できるので貴重な機会ではある。

今回も母に頼んで軽トラを手配してもらった。このパターンで年に1〜2回しかマニュアル車を運転しないのだが、ギリギリ感覚を忘れずに運転できるので貴重な機会ではある。

午後からは月岡温泉に!
もう釣り終了か……寂しいのう。

午後からは嫁と合流し、月岡温泉に行くことになっていたのでダラダラと帰り準備。次回は鹿ノ俣川のもう少し上流に行ってみたいものだ。胎内川ヒュッテも6月上旬にはオープンするのでそっちにも惹かれる。

荷物準備していると、実家の猫が寄ってきて「お前、まさかもう帰ろう、なんて思っていないよな?」的な視線を投げつけてきた。すいません、また秋ぐらいには帰ってきますんで許して…!

荷物準備していると、実家の猫が寄ってきて「お前、まさか、もう帰ろう、なんて思っていないよな?」的な視線を投げつけてきた。すいません、また秋ぐらいには帰ってきますんで許して…!

月岡温泉「摩周」に到着。速攻で温泉に入った。温泉経験も非常に乏しい自分であるが、それでも硫黄濃度が明らかに高い温泉であることはわかった(まあ月岡エリアに入っただけで温泉臭が凄かったので誰にでもわかるだろうが)。

なんというか肌への食いつき、コーティング感が凄いのだ。温泉を出てからもニスを塗ったかのように張り付いてて驚き。これは冬はお得感があるだろうなという感じだった。

そして即ビールを注入。一番搾りの「新潟に乾杯」バージョンだったが、味の違いは自分にはわからなかったなあ。ビールを飲みながらも、頭の中では次回の釣りをどのように行うか、どの川に行くかなどしか考えていない。釣り人って恐ろしい!

瓶ビールを栓抜きで開けるのも、こんなときぐらいしかない。このブログを書いている今も飲みたくなってきたじゃないか!

瓶ビールを栓抜きで開けるのも、こんなときぐらいしかない。このブログを書いている今も飲みたくなってきたじゃないか!

温泉のそばにあった川も、非常に水が少ないながらもオイカワがけっこういた。あんな奴らならフライで釣ったら楽しそうだ(フライはやったことないけどね)。

温泉のそばにあった川も、非常に水が少ないながらもオイカワがけっこういた。あんな奴らならフライで釣ったら楽しそうだ(フライはやったことないのだが)。

まとめ:こだわりを捨てて気持ちを一新せよ!
キャスト精度が出れば魚はついてくる!

基本、パンサー頼みで、パンサー(3g)がダメならテングスピナー(2g)(魚野川釣具)、とドンドンとルアーサイズを落としてやってしまいがちなのだが、やはりそれじゃあ尻すぼみになるだけ。多少はルアーをデカくしたり、今まで未使用だったものを投げてみたりしないとダメなときはある……という超当たり前なことを再確認した釣行ではあった。

ROD:Shimano Cardiff X 66UL-B
REEL:Abu Ambassador 2601c IAR with Avail Microcast Spool
LINE:Rapala RAPINOVA-X
LEADER:Berkley VANISH ULTRA 6lb
LURE:Smith D-CONTACT 50mm

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする