新潟釣行 DAY=1 まあ、魚の写真はないけど見てってよ!

胎内川の上流でヤマメ、河口でシーバスを狙う二本立て計画だったのだが……

00

渓流編スタート! そういえば新潟の川って
この時期は雪解け水がパねえんだった。忘れてたよ。

5月中旬に、2日の休みをとって実家の新潟に行って来た。初日は業務っぽいことをやったのち、飲んだだけで終了。そして次の日の早朝からまずは渓流に向けてスタート。

町で唯一の釣具店に聞いた話では、上流エリア(奥胎内と呼ばれるエリア)はまだ道が開通していないとのことで、中途半端なエリアだが魚影は濃い「夏井」エリアがオススメとのこと。

その夏井エリアに来てはみたのだが、壮絶な水量で流れの強さがパねえ感じ。岸際のわずかに緩いところを通すぐらいしかルアーを投げるルートがなかった。

01

この流れはキツい。夏ぐらいまでは続くらしい。

端の方まで移動すると、流れの止まったエリアがあった。しかしバス釣りのようなトーンでストラクチャーギリギリに投げてもまったく反応なし。水の色は良くて、ヤマメというより巨大レインボーがいそうな感じで興味深いのだが、何をやっても反応なし。チェイスもゼロ!……ホントにオススメスポットなのかねえ?

02

超いい感じなんだが、ピンポイントキャストをどんなに決めてもダメ。このエリアでは偏光をつけてても一匹も魚は見えなかった。

鹿ノ俣川はチェイスの嵐…!
しかしゲットできたのは例によって超豆サイズ

胎内川を早くも諦め、今回気になっていた、胎内川の支流である鹿ノ俣川に移動。ここは中学生のころに自転車で何度も来ていた川で、透明度の高さには定評があったが、魚影の薄さでも定評があったという微妙な川なのであった。

いや〜のどかでいいね。まだこの時期は蚊もいないし快適ではあった。

いや〜のどかでいいね。まだこの時期は蚊もいないし快適ではあった。

当時は確かダム(のような堰)まで自転車で行って、そこから川を登っていった記憶があるが、今回は地図を見てもどこが堰かわからず、最下流からエントリーした。ご覧の通りの里川のテイストなのだが、人が入っている気配はあまりなく、進むのはなかなか大変。実際、一度大転倒して、「クソっ、もう帰ろうかな?」と思ったりも

とはいえ、なかなかヒットしないがチェイスは鬼のようにあった。流れに変化のあるポイントならば1投目は90%以上の確率でチェイスあり。しかし、それでも釣り上げられない自分のスキルには動揺せざるをえなかったのも事実!

ここでは3回チェイスがあったのに掛けられず……どんだけダメなんだ!ここまで下手だったっけ?と滅入った。

ここでは3回チェイスがあったのに掛けられず……どんだけダメなんだ!ここまで下手だったっけ?と滅入った。

結局、超豆サイズをパンサーでゲットしたものの、写真をとろうとアングルを考えているうちに逃げられ(ネットを家に忘れてきたのもデカイ!)、魚の写真は撮れず…。絵に描いたようなアホや〜!

今回は新調したカメラ(PENTAX K-5II)で撮っているのでまたこういう写真も撮りながら進んでいったのであった。

今回は新調したカメラ(PENTAX K-5II)で撮っているので、こういう写真も撮りながら進んでいったのであった。

河口でシーバス編! 数回キャストしただけで
心折れました。日本海側のムズさを実感。

家に帰って休憩し、2度寝に突入しようとしていると、義弟より「バーベキューしますよ!家の横で」と連絡が。眠さと腹の減りが五分五分だったのだが、なんとなく半分寝た状態で外に出ると、一気に食欲をそそる匂いが来て、即バイト!あまりバーベキュー経験がないせいもあるが、炭の強火で一気に焼いた肉は壮絶だった!

義弟によると、超おすすめのこの牛肩ロースは、ひらせい(新潟固有のスーパー?)の一部の店にしか出回っていないという。彼の肉への執着は熱いのだが、その恩恵を味あわせてもらって嬉しい限りだ!

義弟によると、超おすすめのこの牛肩ロースは、ひらせい(新潟固有のスーパー?)の一部の店にしか出回っていないという。彼の肉への執着は熱いのだが、その恩恵を受けることができて嬉しい限りだ!

胎内川の河口に来てみると、川の水面は完全に鏡面。一切のモジリもなし。これはヤバイなあ。ただでさえ、日本海側は潮の動きが小さいのに加え、長潮という状態でまるで流れがない。

もうこうなると「平和な川だなあ」とヘロ〜っと呆けてビールでも飲むしかなくなるね。

もうこうなると「平和な川だなあ」とヘロ〜っと呆けてビールでも飲むしかなくなるね。

胎内川のこの辺は、上流からの砂がたまりまくってて、河口の川幅がホントに5メートルぐらいしかない。不思議な川だ。

胎内川のこの辺は、上流からの砂がたまりまくってて、河口の川幅がホントに5メートルぐらいしかない。不思議な川だ。

それでも夕まづめまで待つと、他にも釣り人が現れた。そろそろ釣れだすのか?と思っていたが、彼らにもバイトはまったくないようだった。せっかく今回は渓流用に追加してシーバス用ロッドも持って来ていたってのにさあ〜。

ごくたまに起こる超ミニボイルと垂直落下して魚をとる鳥の音以外は無音……遠くに見えるは佐渡。これもひとつの桃源郷かもね!

ごくたまに起こる超ミニボイルと垂直落下して魚をとる鳥の音以外は無音……遠くに見えるは佐渡。これもひとつの桃源郷かもね!

というわけでDAY=1は終了。魚の写真がないのは書く方としても物足りなく悲しいものであった。

ROD:Shimano Cardiff X 66UL-B
REEL:Abu Ambassador 2601c IAR with Avail Microcast Spool
LINE:Rapala RAPINOVA-X
LEADER:Berkley VANISH ULTRA 6lb
LURE:MYRAN Panther 3g

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする