ポイント探しはマジで難しい!苦悩の茨城〜千葉フィールド調査

メジャースポットでちゃんとバスが釣れるほど、我々は上手くない!(自慢気)

茨城、千葉はネットで検索すると恐ろしいほどバス釣りポイントがあるのはわかるのだが、いざ実際に行ってみるとほとんど釣れないことばかり(まあ、それは一重に我々の実力ですが)。これはオカッパリはもちろん、フローターに関してもしかり。ただあまりにもポイントが少ないのは厳しいので、ほぼ毎年、友人のMr.コンソメとポイント探しに行っている。

これは昨年のフロータースポット探し時。疲弊感のみが残る結果に!

 

新川で釣れる人をホントに尊敬するよ 

全面護岸のフラットな大場所とかは行っても楽しくないので、小規模で葦のあるような場所を探して今回行ってみたが、いやあ、本当にムズいですね。土浦の新川上備前川桜川と回ってみたものの完璧なノーバイト! まあ、もっともこれは恐ろしいまでに降った今年9月の長期的な雨によるコンディション低下のせいかもしれないので一概には言えないのだが。

01

葦打ちもできるということで有名な土浦の新川にも行ってみたが、鯉の反応のみ……

02

まったく活路を見い出せないので呆然とするMr.コンソメ。

茨城に見切りをつけて千葉方面に移動

さらに午後を過ぎると恐ろしい爆雨が…! もう諦めて帰ろうかとも思ったが、ややヤケクソで大きくエリアを変え、Mr.コンソメの情報を便りに千葉方面に移動してみた。

03

途中、成田で「レストラン松原」という渋いレストランで昼食を!Mr.コンソメはカレースパゲティをオーダー。味はバッチリで、ここから運が向いて来たような気がする!

04

自分の食べた「焼きそば風スパゲティ」も出色の美味しさ!焼きそば感:スパゲティ感=フィフティ・フィフティだった。

最終的には意外にもボーズ回避!やったね

やっぱり一気に終了して帰るよりは、食事したり地元のゲーセンにでも行ってみたり何か空気を変えると状況が好転することが多いような。こういう経験は多数あり。そして、ここからのポイント情報は事情により出せないのだが(まあ今は結局そういう場所しか釣れないよね!)、小バスがほとんどを占めるものの、下の画像のような30センチを超えるものも存在しており、苦悩のポイント探しツアーのボーズ回避を見事に果たしてくれたのだった。Mr.コンソメ、ありがとう!

05

もう諦めていたところに出てくれた超小バス!クランク食ってくれてありがとう!

その後は夕方になるにつれ、自分には珍しいほどのサイズも出てくれたりして、驚いたよまったく!とりあえずウダウダするのはやはり重要だ。

 
Tackle
  • ROD:PALMS EDGE EPVS-601
  • REEL:Abu Ambassador 2601c IAR with Avail Microcast Spool
  • LINE:Rapala RAPINOVA-X 22.2lb
  • LEADER:Berkley VANISH ULTRA 12Lb
  • LURE:Nories Worming Crank Shot、Gary YAMAMOTO Baby Craw
 
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする