激暑の新潟・胎内川釣行! なんて無反応で冷たい川なんだよ、お前は……。

別にヤマメでなくてもいい、ウグイでもハゼでもいい、と広い心で思っていたのに!

6月の釣行に引き続き、また実家の新潟県・胎内市で釣りをしてきたわけだが、結論から言うと、極めて散々な結果でしたね。俺の超貴重な夏休みをどうしてくれんだよ!ってな感じ。

6月の釣行の際も、かなりの増水でいろいろと大変だったのだが、今回はいつものヤマメポイントに入ることもできないないほどの増水……もちろん北海道を中心に台風のニュースが飛び交っていた時期ではあったが、そこまで新潟県・下越地方を直撃はしてなかったはずなのに。

01

3箇所ぐらいのポイントをチェックするも、全部まともな釣りはできそうにないので、下流に移動し、ウグイでもスピナーで狙ってみようかな~!もしかしてレインボーも出るかも!?と気楽な雰囲気を無理やり出したりしてキャストしてみたりはしたが、いやあまったくダメです。無反応!!!!

02

指が写真に入ってるわ~…なんとも集中力が切れてる感じでまくりで申し訳ない。

水量はあるものの、濁りはまったくないので魚的には大丈夫なんじゃ?と思ったりもするのだが、流れが部分的に強すぎたりしてるせいか、ホントに一切の生命感なし状態にさせられてる印象。そして、活動開始してから2時間ぐらい経過し、太陽が活性化すると、いやあ暑い、暑すぎる……マジで無理だなコレは死ねる状態。

刺さるような日差しを全身に受け、半分熱中症状態になって、初日はあっけなく実家に退散。そしてエアコンを効かせて二度寝して、やっと体力を回復させた。もともと、胎内市は夏はやたら暑くなるので有名だったが、この日と次の日は全国一位を記録したらしく、いやあマジで屋外での活動は死と隣り合わせだった!(まあ、中条祭りというイベントは平気で行われていたのだが、あの暑さで山車を引き回せる人たちの体力は絶対に普通じゃないね)

その日の夕方過ぎに、「なにか対策を考えないと、明日もまともな釣りができずに終わってしまう」と対策を考え出し、出た結論が「河口に行ってみよう」となった。

元々「ハゼクラ」をやってみようとも思っていたので、ハゼ用クランクも少しだけ持って来ていたし、もちろんシーバスも狙える。ただし、カーディフ X 66UL-Bというヤワヤワな竿しか持ってきていないので、デカいシーバスがかかったらアウトなのだが(まあ、そんな心配は結果的にまったく不要だった……泣)。

「渓流」→「河口」と、我ながら大胆な方針転換をしたのはいいのだが……

二日目、例によって4時半に目を覚まし(ある程度以上の酒を飲んで寝ると、この辺りの時間に目覚められる特技を持っている!)、渓流方向には行かず、胎内川河口へ! もちろん水は多いのだろうが、河口なのであまり関係ないだろう(と思えた)。

03

し、しかし、潮的には満潮からの下げ始めと悪くないにも関わらず、ルアーには一切反応なし。超透明な水を偏光グラス越しに見ると、ダラ~ンと緊張感のないセイゴやイナッコ、ハゼなどはわずかに確認できるのだが、まるでルアーには関心を示してくれませぬ。

・ロリベ48で、超ショートピッチなジャークをいれたとき=シーバスのチェイスあり!
・ハゼクランクで、浮きゴミの脇をやや早巻きしたとき=ハゼのチェイスあり!

反応があったのは、以上の2アクションのみ。まあ、その2つもかなり偶然っぽい感じではあった。そんなことをしているうちにまた恐ろしい暑さが身体をいたぶってきたので、もう今回の釣りは終了!ああ、情けなし。しかし、そんなときでも川の水自体は触ると本当に冷たい……なんなの、この川。泳ぐにはいいのかもしれないが。

04

細々とハゼクラ用のクランクを地味に揃えたりもしていたのだった。

東京に帰宅後、いろいろと胎内川の情報を調べてみると、やはり増水に悩まされるアングラーは例年多い川だということが判明。渇水期の方が釣りにはオススメだという。
一昨年あたりはまったく感じなかったのだが、そういうことなのね。

「帰省する度に釣り」、もしくは「釣りのための帰省!」……ぐらいに考えていたのだが、今後は、無理してウェーダーや釣具一式を持っていく努力を考え直すべきかな?……という寂しい図式を考えたりも。完全に渇水期とわかっていれば別だが、そうでないときはダムの開放する水量設定で決まってしまうので、ホントに困るね。

まあ、とはいえ、「ヤマメの釣れるエリア」←→「河口エリア」間の距離が10キロもなく、道も空いていて10分ぐらいでそのドラスティックな場所移動ができる点ではとても貴重な場所であることは間違いないので、今後もくさらず攻略方法を考えていこうとは思う。

05

ホントに胎内市って夏は暑いし、冬は寒いし、コントラストの強すぎる場所だよな~

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする