トップ爆発は続かない!またいつものワームオンリー状態に……(泣)

今日は「攻めの釣り」だったはずなのだが……

01

先日のダイイングフラッターでの釣行がかなり楽しかったので、今回もそっち側の想定で攻めてみた。時は台風の上陸を翌日に控えた8月29日(月)の夕方である。台風上陸前はなにかと魚の活性も上がる、という話は以前よく読んだので、潮は良くないのだがトップ中心のルアーセレクトで、例によって荒川に。

02

とにかくダブルスイッシャーをいろいろ試したかったので、ロジック(ZEAL)なども試したりはした。

しかし、予想はしていたものの、前回の台風の名残と、最近の雨続きのせいで増水がなかなか壮絶! 濁りはなんとかギリギリ耐えられるレベルではあったが、魚が沈んでるのは誰の目にも明らかな感じで、活性低すぎ!な様相。

もちろん、トップには何も出やしない。背後にフラッと現れた見物のおっちゃんも、「ダメだな、こいつには釣れんだろう」と思ったのか、数秒で行ってしまった。「違うんです、トップってルアーでやってるんで、今日に限らず大体こんなもんなんですって!」と言いたかったところだが、まあ、それを言ったところでねえ(笑)。

長きに渡り慣れ親しんだ、ワーム路線に方針転換!

流れるゴミの間をトップで流すのにも、すぐに飽き、ワームの超スローリトリーブという180度の方針転換を決行。結果はすぐに出た!

03

このピンクのオカシラヘッドは濁り時の集魚力高し!合わせるのは今回はレッグワームではなくR32にしてみた。このぐらいのサイズを3本ぐらいゲット!(バイトは7回ぐらい)

04

ポイントを移動したおかげか、ややサイズアップ。このファンタジスタだと、これぐらいのサイズがジャストかも。

05

手で持ってみても、まあ大きくは見えないねえ。38センチぐらいはあったと思うのだが!

まあ、ポイントがあるとしたら、大増水や濁りの激しいときは、水通しの良いシャローを狙うべし、というごく当たり前な言葉しか出ませんね。ディープには何を投げても反応なしだった。

それにしてもキンキンのロッドを持ってこなくて正解だった。このファンタジスタぐらいに軽いワームを投げられる竿じゃないと、こういうときに完璧無反応で終わってしまうからねえ。

そして、最近たまに使ってる、05年モデルの古いカルカッタ、これも悪くない。飛距離は出ないし、ドラグはなぜかすぐ緩むし、ギア比は低いし……なのだが、巻き心地は一切劣化せず、買った時のままのヌルヌル状態。やはりシマノのリールの凄さなのか?(それに比べるとやはりダイワのリールは劣化が激しいような気が)

Tackle
ROD:Abu Fantasista RESISTA FCR-69ML
REEL:Shimano CALCUTTA 101(05 Model)
LINE:POPEYE COVER GAME PE 50lb
LEADER:Daiwa morethan SHOCK LEADER TYPE:N 25lb
LURE:Megabass OKASHIRA HEAD+MARS R32

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする