自分の観た「クリーピー 偽りの隣人は、こんな映画だった!……あれっ、違う!?【ネタバレ】

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%94%e3%83%bc

creepy.asmik-ace.co.jp

黒沢清の新作は、率直な感想としては、ダーク成分全開で、非常に面白かった。黒沢清映画はそんなに多く観てはいないのだが、「CURE」よりも面白く感じたので、今までで一番好きかも。

とはいえ、自分の感じたこの映画の見方は、どうやらまったく勘違いの線が濃厚のようだ。肯定派、否定派を問わず、一般的には、やや普通のミステリー映画として、とらえられているようなのだ。

一応、ザッとだけあらすじを書いておくと……

捜査一課の刑事である高倉は、8人の人間を殺した凶悪犯である松岡の事情聴取をやっていたが、あやまって脱走され、フォークで背中を刺されてしまう。

時が経ち、刑事をやめて犯罪心理学の教鞭をとっている高倉は、元同僚の刑事である野上から6年前の未解決・一家失踪事件の分析を依頼される。その事件では早紀(長女)だけが唯一生き残っていた。高倉は早紀の記憶から事件の真相を探ろうとするが、核心には迫れない。

一方、高倉の妻である康子と引っ越した先の新居の隣人は奇妙な家族だった。病弱な妻と澪(中学生の娘)を持つ夫・西野。彼らとの不気味な会話に翻弄され、困惑させられる毎日なのだ。

そしてある日、隣人の澪が言った。
「あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です」

高倉が「未解決の一家失踪事件×奇妙な隣人家族」の2つの繋がりに気付いた時、妻の康子は精神の闇の中に足を踏み入れていた……。

large_394908_7
というお話。ただ、自分の観た内容としては、全くこんな話ではなかった(以下、完全にネタバレ)。

劇中で、「現実」として実在していた時間は、冒頭の「刺される前まで」

冒頭の、フォークで凶悪犯・松岡に刺されるまで……そこまでが唯一、現実の映像で、あとは高倉の脳内映像がラストまで続く。ただ、ラストで響く高倉の妻・康子の絶叫だけは現実の声(病院のベッドで、意識を取り戻した夫に対しての喜びの絶叫)……というのが自分の観たこの映画の構造。似ている映画としては『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』とか『複製された男』かな。

見終わった後は、鑑賞した皆がそう思っていると信じて疑っていなかったので、さあ、帰ってビール飲みながら、ネタバレのレビューサイトをゆっくり楽しもう!ぐらいな気持ちだった。

いやいや、しかし、そんな感想、全然ネットから出て来ませんがな。それどころか「実際の犯人は○○じゃなく、●●だ!」みたいな正統派ミステリーの感想的なものが大半……いやあ、ここまで驚いたことは結構本気で久々だったわ。

これは「妻に対しての贖罪の映画」ではなかったのか?

ただ、実際に「脳内映像映画」だと思わせるポイントは劇中に大量に転がっており、だからこそ、今からでも黒沢清監督が「それで合ってるよ!」って言いに来てくれないかな、と思ってわざわざこんなブログを書いてるわけで……。

脳内映像?と思わせるフシは例えば以下のような感じ。

●あまりにも西野の家が現実離れしている
●康子が洗脳されていくペースが速すぎ
●例の薬の効き具合などが都合良すぎ
●野上の単独行動が刑事としておかしい……etc.

もちろん、序盤から脳内映像映画と感じたわけではなく、決定的にそう感じた瞬間は、後半、洗脳されている過程にある康子が高倉に言った「私はもういろんなものを諦めてきたのよ」という言葉と、それに即座に「すまなかった……」と反応する高倉。そこで、「ああ、これは妻に対する贖罪映画なのだな!」と確信してしまったわけなのだ。

犯罪心理学に没入しまくり、妻を顧みず、興味のあるものだけを追い求めた高倉が、刺されたことで生死の境目を彷徨いながら、妻との結婚生活への反省を感じ、サイコパスとは決別しなければならないという確信に至り、脳内で西野を撃つ……自分の中の葛藤に勝ったことで一段階意識が回復し、ベッドで見守っていた康子の絶叫が高倉の耳に初めて届いたという話……まあ、こう書くと「それってけっこう単調な話じゃね?」と言われてしまいそうだが、いやいや充分面白いじゃんね!?

まあ今、冷静に考えると、刺したものがフォークで、刺された場所が背中と考えると、そこまで意識不明になるものか非常に疑問ではある。

まあ、救いは2ちゃんねるでは、自分に近い感想が2つぐらいは発見できたことか。まあ、でも、人と違った見方ができて、面白かったこと自体には何の問題もないはず。とても没入できる、素晴らしい映画でしたよ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする