バイトはそこそこあったものの、ゲットできたのはいつものサイズ……またかよ~!

珍しく、80オーバーでも大丈夫なタックルで攻めてみたよ!

またまた小潮の上げという厳しい潮の日曜、行ってきましたよ、荒川に。周囲の釣り友の釣果を見ても、魚がだいぶ入って来ていることは明らか。なので、久々に大物対応のSea Driver SDC-70Mで挑んだ。

2015-10-17-07-21-34

この竿、大物が来たときの安心感はバッチリなのだが、感度はイマイチ。なおかつ長めのナイロンリーダーでないとバラシ率が飛躍的に上がってしまうため(要は固いということですな)、ロッドからの情報量が少なく、バイトがない時間が続くと「つまらんなあ~!」となってしまうという欠点がある。

このSDC-70Mに合わせられるリールは、自分の持っている中では、アブの5501Cか、ダイワのZILLION PE SPECIAL 100HLぐらい。こういう場合、9割がたZILLIONの方を選んでしまうのだが(やっぱり5501Cはクラッチがアレなので……)今回も、ZILLIONの方にしてしまった。

このリール、あまり愛着を感じて使っている人は少なそうな印象だが、ハイスピードレベルワインドは効果あって、30gぐらいのキャスト時でも高切れなどないので重いルアーを使うときはとっても安心で悪くないですよ。巻き心地も比較的軽いし。

imgp2106-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

SDC-70MとZILLION PE SPECIALの見た目は色の相性も良く、結構悪くないでしょ? このタックルだと、なんとなく武器っぽい感じがして、攻撃的な釣りをやりたくなるのであった。

cr005

これこれ、こういうイメージ! WDのダリルでおなじみのボウガン。いやまあ、もちろん全然違うけど気分の問題ですよ。こうやって勝手に盛り上がるのが釣りってもんじゃないですか!

ただ自分の場合、50ポンドのPEを巻いているせいもあり(笑)、少なくとも7g以上のルアーでないと快適にキャストできないので、豆セイゴしかいないような状況だと何もできず終わってしまう……でも、安心してください、バイトは結構ありましたよ!

岸よりをダイイングフラッターでネチネチと流すと誤爆(×2)、ロリベの66に1バイト、そしてバラシ。レンジバイブ70ESに1バイト、そしてバラシ……と続き、……いやあ、まったくゲットできませぬ。

釣れた! 大物用タックルの意味なく結局ワームだけど……ね。

とにかく1本ぐらいはゲットしたいので、ドシャローのゴロタエリアをR-32センシブで、ゴロタをかするぐらいでトレースしてやっと1本ゲット。まあ、30センチもない、いつものサイズ(泣)。

2016-06-12-22-17-04

攻撃的な釣りだとか言いつつも結局このサイズかいな! エコギアのイワシヘッド(7g)+R-32は、渋いときにホントに有効な組み合わせ。静ヘッドよりも釣れる気がする。まあ、このイワシヘッドもあまり売ってないんだけどね。

「やっぱりワームなら釣れるなあ」といろいろ試してみるも、R-32以外にはバイトなし。そういえばR-32で知られる「MARS」も倒産してたんだよねえ(だいぶ前の話で恐縮ですが)。かなり勢いのある売れ方してたのになあ。海燕も全然現役で使ってるし。

一応、今はヒルクライムという社名に変わってR-32は売られている……のかな?(あまり確かな情報はなし)

その後もR-32にバイトはそこそこあったのだが、さらに潮の動きも減り、水が鏡面状態になって終了。いやあ、まったく納得できないなあ。

Tackle
ROD:Abu SEA DRIVER SDC-70M
REEL:DAIWA ZILLION PE SPECIAL 100HL
LINE:POPEYE COVER GAME PE 50lb
LEADER:Daiwa morethan SHOCK LEADER TYPE:N 20lb
LURE:MARS R-32 Sensiv

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする