ムラソイの穴釣りって超簡単で誰でも数釣りできるって話じゃないの?……

2016-04-28-12-47-06

鋸南では到着早々、サヨリやマコガレイの刺し身など食べてテンションを上げつつ、心身の状態を高めていた。「ザ・フィッシュ」の本日のお刺身は他メニューより圧倒的に安くてお勧め!

普段ほとんど近場での釣りしかしていないので、期待満々で臨んだGW前半、4月30日の鋸南・磯場だったのだが、結果はまたもやデコってしまいました。

時間帯は朝9時半からと、活性が下がっているのは承知の上だったのだが、小潮とはいえ、下げ始めなので大丈夫でしょ、と思っていた。最悪、ワームのサイズをドンドン下げていけば何か釣れるだろうと。いや~厳しいねー!

場所は鋸南・元名海岸のものすごく短い堤防。なんでわざわざこんな場所なのかといえば、今回は嫁がいるのもあり、緊張感のあるキリキリとしたテトラ帯は厳しいだろうというのと、水面からあまり高くない堤防の方が楽しいんじゃないかという理由から。

2016-04-28-17-30-12 2016-04-30-10-55-52

景観的、気候的には極めて快適でとてもなごむ場所だったが、釣りで考えると、まあやっぱりスレまくってる……ということなのでしょうかね。ヘチについてるベラっぽい奴もルアーを見つけても完全無視。戯れてもくれない。ミノーを遠投して、早巻きしたりしてもチェイスもないし、藻がすごくて萎えてくる…という状態。

堤防の先端でエサ釣りしていた人の話では、「ああ。2時間前ぐらいまでは結構釣れたよ」とのこと。やっぱり真っ昼間は厳しいのか。

この場所は諦めて、ちょいとだけ北の明鐘岬に移動。こちらは結構激し目の磯場で、水深も深目の場所も多く、かなり良さ気なのだが、とにかく人が多く、だいぶ離れた小島に5人ぐらい固まって釣りしてたりして(あれ、移動はどうやってやってるんだろう?干潮時に移動?小さいボートとか?)、明らかなハードプレッシャー感が凄い。

2016-04-30-13-05-17 2016-04-30-10-51-46

人のギリギリ少なく、キャストできそうな場所を1か所だけ発見し、なんとか釣り開始。これだけ根があるんだから、例のアレ、できるんじゃないの?と、釣りビジョンなどでだいぶ見た「ムラソイの穴釣り」をやってみた。

おかしいねえ…自分はこういう釣りは得意のはずだったのだが、何のアタリもなく、根がかるだけ。たまにメジナっぽい魚がサスペンドしてたりもするし、魚はいるはずなのだが。

最終手段として、ワームやロリベの遠投&早巻きをやってみると、これにはなんと反応あり。3~5投に1回ぐらいの割合で、チェイスが発生! 興奮してやり続けてると、ルアーを甘噛はしてくるが、とにかく乗らない。ルアーだってわかってるのかも? 

魚種的には、メジナかベラかハゼ系の魚が混じってチェイスしてくる状態。岸際ギリギリでも追ってくるが、そういう場合はだいたいフグっぽかった。結局、レッグワームの尾を切られたのだけが唯一の痕跡という…悲しい実績ですよ。

早巻きができる藻の少ない場所は限られてるのと、その後、風が尋常じゃなく強くなってきたので、早々と退散を決定。この明鐘岬は(人が少なければ)ポイント多数で、岬の上の方にトイレもある「岬カフェ」もあるので、今後も来る場所としてはいい気がした。

しかし、房総の海岸はあんなに風の強弱がすぐ変わるもんなんですかね? 老後はこの辺に激安の家買って移住しようかと思ってたのに大問題だな(3割ほど本気!)

2016-04-29-11-14-14 2016-04-29-11-23-27 2016-04-29-11-49-32 2016-04-30-09-26-00

観光もたっぷりとやりましたよ!(まあ、そっちがメインなので)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする