「THE BRIDGE」シーズン3から漂う北欧の末期的世界観に溺れる!

現代先進国の病巣をすべて描き出してくれる濃厚ドラマ!

待望の「ブリッジ3」がスパドラにて放映開始され、「2」がこの上なく好みだったので、狂喜乱舞して視聴! まだ2話目までしか見ていないがやはりこのドラマは最高!

2016-03-31-00-42-22

この北欧ドラマ・カテゴリーはスパドラが頑張ってくれていて、「キリング」や「コペンハーゲン」が人気で、もちろん見てはいるのだが、この「ブリッジ」シリーズが、最も先進的、現代的なヨーロッパの病巣を抱えている印象があって、超絶にダークで素晴らしいと思う。

撮影の素晴らしさだけで観る価値あり!

今回はマーティンがいないなど残念な要素はあるものの、超ローコントラストで彩度の低い、モノクロに近い映像は健在で、キメキメの風景ショットや、被写界深度・激浅の映像が楽しみまくれる。

2016-03-31-01-13-04

登場人物も、モンスターペアレントの極みのようなリーセ、ヤク中の幻想好き(?)なサーガの相棒の刑事など、1〜2にも負けていない強者揃いで今後も非常に期待できる。

中でもやっぱりリーセが面白そう。いじめを受けた自分の子供に、いじめた相手に対して「目とか鼻を狙って殴れ!」と教育する親はまあ、見たことないし。

しかし、デンマークスウェーデンも、幸福度ランキングは常にトップクラスの国だってのに、ドラマは本当に重いものしかなく夢がなくて面白い(褒めてます)!

2016-03-31-00-56-04

【以下、全話鑑賞後の追記】

当初の期待を裏切らない、かなり満足感の高い、暗く面白いドラマだった。まあ上でも書いたリーセなどの、強力なキャラが全員活躍しまくるわけではなかったり、その他いろいろと細かい不満もあり、シーズン2ほどに愛せる展開ではなかったものの、充分満足! デンマークは一度は行かないと死ねないね…と断言できるぐらいにはデンマークドラマを大好きになってはいます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする